全品送料無料

いとうざいく

《島の特産品へ》

東京から移り住んだ沖縄の離島、「渡嘉敷島」。 日本で31番目の国立公園に指定され、ケラマブルーと称されるほど美しい海で獲れた夜光貝を削りだし、全て一点物でのジュエリー制作を行なっています。

渡嘉敷漁協に上がる地魚のマグロやカツオ、伊勢海老や夜光貝などは、地元で獲れる天然物として観光客の方々に大変喜ばれる食材です。
その中でも夜光貝は、食用部分以外の貝殻は島ではあまり需要が無く、最終的に装飾品の材料として海外へ送られていきます。

夜光貝の内側に真珠層の輝きがある事を知った時、昔からモノづくりが好きだった自分は、夢中になって削り続けました。 それを自分の手で「made in Tokashiki」として世の中に送り出したいと思い独学でジュエリー制作を始め、今に至ります。

東京にいた頃の20代の自分は、流行りのモノを追い、外側ばかりを気にしていました。
島の自然の中に身を置き、ジュエリー制作を続け夜光貝と向き合ううちに、大切なのは内側にある自分自身なんだと気づきました。

時にそれが分からなくなってしまっても、誰もが持つ内側にある輝きにそっと寄り添い続けてくれる
"遺るjewelry"を...

Accessエリアを非表示
SHOPPING GUIDEエリアを非表示
FAQエリアを非表示